グッドキャリア企業アワードグッドキャリア企業アワード

事業概要

グッドキャリア企業アワード

グッドキャリア企業宣言

過去の受賞企業

イベントレポート

グッドキャリア企業アワード2016
イノベーション賞 受賞

ソフトバンク株式会社

評価のポイント

「手挙げ制」による
キャリア形成・学び合いの支援

人事本部 人材開発部
河本 誠志

業種 通信業
所在地 東京都港区
従業員数 17,200人(2017年3月末時点)

Q1 グッドキャリア企業アワード2016受賞により、社内外でどのような反響や変化がありましたか?

社内サイトにアワード受賞時の様子を公開し、非常に多くの社員が関心を持ってくれました。
他社の皆様からも、当社の取組に対して興味・関心をお寄せいただき、そこから発展する形で、“他社交流”として合同で研修を開催することなどにもつながり始めています。
他社交流では、「手挙げ制」の取組について、よくそこまで手が上がるなと、従業員のモチベーション・自発性が高いことに驚かれていました。

Q2 貴社が実施した従業員のキャリア形成支援に関する取組の中で最も効果を感じた取組を教えてください。また、その取組を始めた当初、具体的に何を期待していましたか?

「『挑戦する人』にチャンスを」というポリシーのもと、全ての取組について、毎年多くの社員に関心を持ってもらっていますが、
例えば「社内認定講師(ICI)制度」は、認定講師数が100名を超え、自身の経験も含めながら社内研修に登壇いただいており、より当社の業務・現場にフィットする効果的な研修の提供を考えたものになっています。

Q3 上記Q2の取組によって出た効果は具体的にどのようなものですか?

認定講師の方には、研修当日は日々の業務を外れて講師として登壇いただきますが、講師としての登壇が新たな視点の発見に寄与しているようで、非常に熱心に受講者と向き合っていただき、都度成長を感じていただいているようです。
また、人事側としても、把握しきれていないタレント発掘につながっています。

Q4 受賞後に、新たに取り組んでいる、または、今後取組を検討しているキャリア形成支援がありましたら、その内容を具体的に教えてください。また、なぜそれに取り組むのか、課題や背景についても教えてください。

事業環境の変化に対応しながら、それぞれの従業員が個々のニーズに応じてキャリアデザインを描けるよう、“40代向け”や“女性向け”というようにターゲットを絞ったキャリアデザインワークショップを今年度リリースしました。
事業環境も変化する中、自身のキャリアを考える機会を、より分かりやすい形で提供していくことが必要と考えています。

Q5 推進する立場として、キャリア支援の取組を進めてよかったこと苦労したことを教えてください。

自身のキャリアを考える関心の高さについて、改めて実感することができました。
ワークショップなどを終えた後に受講者から多くのコメントをいただけるのは励みになります。
一方、より多くの社員への機会提供や浸透は、継続的な課題だと考えています。

> この企業の取組内容はこちら
> グッドキャリア企業アワード2016 好事例集はこちら
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10