グッドキャリア企業アワードグッドキャリア企業アワード

事業概要

グッドキャリア企業アワード

グッドキャリア企業宣言

過去の受賞企業

イベントレポート

グッドキャリア企業アワードの趣旨・背景について

産業構造の変化、グローバル化等が進展する中で、我が国経済が競争力を高め、引き続き成長を遂げていくためには、変化する経済社会に自律的に対応できる人材を育成していくことが必要です。また、労働力人口の減少、少子高齢化が進む中で、誰もが意欲と能力に応じて働くことのできる社会を実現していくためには、働く人一人ひとりの能力を高め、生産性を高めていくことが不可欠です。
そのためには、キャリア実現の場である各企業において、事業主自身が経営上の課題に即して、従業員の自律的なキャリア形成・能力開発を促進する仕組みを設け、多様なキャリアパスを設定の上、実行性ある支援を計画的に実施することが重要です。
厚生労働省は、こうした観点から、従業員の自律的なキャリア形成支援について他の模範となる取組を行っている企業等を表彰し、その理念や取組内容、具体の効果等を広く発信、普及することにより、キャリア形成支援の重要性を社会に広め、定着を期すことを目的に、グッドキャリア企業アワードを実施します。

キャリア支援の取組とは?

「キャリア」とは、一般に「経歴」、「経験」、「発展」さらには、「関連した職務の連鎖」等と表現 され、時間的継続性を持ったものとしてとらえられています。 また、「キャリア形成」とは、このような「キャリア」の考えを前提として、個人が職業能力を 作り上げていくこと、すなわち、中・長期的な目標(職業生活設計)に即して行われる職業 訓練・教育訓練や実務経験の積み重ねといえます。

さらに、「キャリア支援」とは、従業員のキャリア形成に大きな影響を与える企業が、従業員に 対し、人材育成方針の明確化、キャリア形成支援体制の整備、キャリア形成の動機づけ、能力 開発機会の提供、評価・人事等への反映、さらに、これらを支える職場環境の整備等を行うものとしています。

なぜキャリア支援が必要なのか?

従業員の職業生涯の長期化、産業・職業構造及び事業活動の変化、急激な技術革新などが 進んでいます。そうした中で、従業員にとって、雇用の安定を図りつつ、自分が目指す職業人 として成長していくためには、中・長期的視点からのキャリア形成に主体的に取り組み、求められる職業能力と自分自身が持つ能力との間にミスマッチを起こさないようにしていくことが 必要となっています。 また、企業にとって、厳しい競争環境の中で、経済社会のニーズに応え、発展していくため には、中・長期的な経営方針・ビジョンに対応して、人を育て、人が育つ活力ある組織づくりが 必要であり、その取組として従業員の自律性を生かしたキャリア支援が重要です。 このように従業員のキャリア形成とそれを支える企業のキャリア支援によって、企業もそこで働く従業員もともに成長できる関係が求められています。